ビットフライヤー(bitFlyer)取り扱い通貨の種類を解説【国内最大級15種類!!】

bitFlyerの取り扱い通貨はどれくらいあるの?
どんな仮想通貨を取り扱ってるの?

かみがも

このような疑問をお持ちの方に解説していきます。

bitFlyerはビッドコインと15種類のアルトコイン通貨を取り扱っています。

目次

bitFlyerアルトコイン取り扱い通貨の種類


ビットフライヤーは15種類(2022年現在)取り扱いコインがあり、国内仮想通貨取引所の中でトップクラスの取り扱い数です。

ビットフライヤーは2021年12月に新たなアルトコインのリスク/LISKの取り扱いを開始しました。

年々取り扱いの通貨が増えていっており、これからも取り扱える通貨も増えることが期待できます。

注目アルトコイン3選

注目のアルトコイン確認していきましょう。

ポルカドットの将来性


ポルカドットは、複数の異なるブロックチェーン間の相互接続を可能にするブロックチェーンプロジェクトです。分散型ウェブの実現を目指す Web3 Foundation が開発しました。


セキュリティ保護にも役立っており、Polkadotのブロックチェーンガバナンスをカスタマイズすることができます。


ブロックチェーン間の相互接続を可能にしたことで仮想通貨の取引遅延・手数料高騰といったブロックチェーンネットワークの混雑を解消することができて、より暗号通貨取引の利便性が向上されることに役立ちます。

イーサリアム 2022年はビットコインよりも価値が上がる?


分散型金融(DeFi)やNFTへの関心の高まりを見せこれらのサービスはイーサリアムのブロックチェーン上に構築されており専門家がビットコインよりも価値のある暗号資産だと提唱しています。

大手企業もNFTに次々と参入を表明しており、ますますイーサリアムも価値が評価される環境に進んでいく可能性があります。

ビットコインキャッシュの今後ついて


ビットコインキャッシュはビッドコイン以下の課題をクリアするために開発された暗号通貨です。

  • 送金遅延(スケーラビリティ問題)
  • 送金遅延による送金手数料の高騰。

ビッドコインのブロックサイズは1MBに制限されており、すぐに満杯となってしまい、アルトコインと比べて処理速度が遅れる課題がありました。これらを解決するためにハードウォーク(分岐)されたのがビットコインキャッシュです。

ビットコインキャッシュ特徴
  • ブロックサイズを32MBに拡張
  • ビッドコインより送金手数料が安い

ブロックサイズを大きくすることによって1度で送るデータ量が増えるため処理が早くなります。処理が早くなれば送金時間の短縮につながります。

またビッドコインと比べて送金手数料が約10分の1から20分の1まで安くすることができます。

その理由は暗号通貨のシェアを取るために手数料を戦略的に安く設定していると言われています。

>>bitFlyer:ビットコインの取引所


仮想通貨の始め方や実際の購入の仕方は下記記事で記載しています。

かみがも
2019年に投資を始める。ただの会社員が貯金額200万円から現在は金融資産1000万円を突破/投資スタイルは連続増配株投資で債券、金、暗号通貨も投資中/ 取得資格FP3級

↓↓↓ 応援よろしくお願いします

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

フォローもお願いします

かみがも米国株&仮想通貨投資BLOG - にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次