【背中を押します!】FANG+インデックスで新NISA 全額埋めようと決意した理由

新NISA全力でFANG+インデックス投資

※この記事にはプロモーションが含まれています


iFreeNEXT FANG+インデックスがつみたて投資枠に採用。


僕はつみたて投資枠に FANG+が採用された時


全額投資しようと決めました。

出典:大和アセットマネジメント
かみがも

過去10年間のリターンはS&P500を約3倍アウトパフォームしました。これに投資しない手はないですね。



本記事では世間が思う懸念点を解決しながら

なぜFANG+に全力投資しようと決意した理由を説明します。

かみがも

新NISA何にするか、お悩みの方へ参考になれば嬉しいです。

記事の信頼性

  • かみがも米国株ブログ運営(最高収益4万円/月)

  • 金融資産:1700万突破

  • Twitter フォロワー数:4,000人
目次

FANG+の概要おさらい

 
FANG+とはNYSE FANG+指数のこと。

次世代テクノロジーをベースに、グローバルな現代社会において人々の生活に大きな影響力を持ち、高い知名度を有する米国上場企業を対象に構成された株価指数。

NYSE FANG+指数は、これらの企業に等金額投資したポートフォリオで構成。

「FANG」とは、主要銘柄であるメタ(旧フェイスブック)、アマゾン、ネットフリックス、グーグルの頭文字をつないだもの。

出所:大和アセットマネジメント


かみがも

iFreeNEXT FANG+インデックスがFANG+指数に連動する投資商品です。

運用会社大和アセットマネジメント
連動対象NYSE FANG+指数
ファンド設定日2018年1月31日
信託報酬
(運用管理費用)
0.7755%
(実質0.801%)
ウェート方式均等ウエート投資方式
純資産総額465.98億円
期間別騰落率1年+107.25%
期間別騰落率5年+405.19%
2024年1月5日現在

S&P500の過去リターンはGAFAMによるものだった。

新NISAはS&P500やオールカントリーのインデックス運用が人気化しています。

年率約10%リターンが期待できると見込めるからみんな投資していますよね。

しかし、過去のS&P500やオルカンのリターンはほぼGAFAMでもたらされたものでした。


上位5社GAFAMを除くS&P495のリターンは長期低迷していたTOPIXと変わらないレベルだったのです

かみがも

将来はわかりませんが、GAFAMに集中投資できるFANG+にすればもっと高いリターンが期待できるのでは?と思ったわけです。



オルカンも全世界と言いながらFANG+を15%以上含まれていますからね。。。

出典:三菱UFJアセットマネジメント


オルカンもFANG+の影響を無視できません。

FANG+の成長はもう期待できないのでは?


FANG+のリターンはあくまで過去のもの。


将来はもう高いリターンは期待できないのでは?と反論が聞こえてきます。

確かにそうなるかもしれません。

しかし僕はこの先もFANG+が世界のトップであり続け、投資家に良いリターンをもたらしてくれると信じています。


未来が期待できる事例を紹介しましょう。

FANG+銘柄の強み圧倒的な市場シェア


FANG+の製品やサービスはインフラ化が進んでおり、私たちの生活に欠かせない存在になっています。


検索エンジン、スマートフォン、OS、クラウド、ソーシャルメディア分野において地位を確立しておりビジネスを拡大している点が強みのため、成長が止まるとは思いません。

かみがも

FANG+でITインフラのシェア争いにしのぎを削っていることが分かります。他社の入るスキが果たしてあるのだろうか疑問です。

FANG+のさらなる成長ドライバーはAIと自動運転

生成AI(人工知能)、メタバースや自動運転技術はもはや無視できない技術。

次の成長ドライバーにも積極的に投資しているFANG+は他企業の追従を許さず、成長ポテンシャルがまだまだありそうですね。

エヌビディア生成AI記事

出典:日本経済新聞web

テスラの研究開発費は他社を圧倒。

出典:マネクり

FANG+は分散が効いておらずリスクが高すぎるのでは?

10銘柄に集中投資するFANG+は分散が効いていらず、リスク高すぎるのでは?と心配する人多いと思います。


しかし、リーマンショック、コロナショック時などの歴史的な暴落局面を見てください。


むしろFANG+の方が下落幅が小さかったのです
(リーマンショック時TSLA.META.SNOW.AVGOは2008年未上場のため除く)

リーマンショック時 2008.7月~2009.4月

期間:2008.7月~2009.4月 portfoliovisualizer.com
  • 青線:FANG+6銘柄…ー26.39%

  • 赤線:S&P500…ー41.81%

  • 黄線:全世界株…ー47.18%

コロナショック時 2020.1月~2020.3月

期間:2020.1月~2020.3月 portfoliovisualizer.com
  • 青線:FANG+10銘柄…ー9.77%

  • 赤線:S&P500…ー19.43%

  • 黄線:全世界株…ー21.05%
かみがも

含み損に耐えきれず売りたくなるような金融危機時、FANG+は主要インデックスよりも下落幅がマイルドでした。



暴落局面は

むしろFANG+の方が暴落を防げた結果に

かみがも

このバックテストを見て僕は新NISA全額FANG+でイケると確信しました。

まとめ:FANG+新NISA全力投資をおすすめできる人


新NISAにFANG+全力投資できる人は以下かと。

  • 高リスクを許容できる人。

  • S&P500やオルカンのリターンが物足りない人

  • FANG+の将来性を信じれる人
かみがも

高いリスクを承知の上でFANG+の将来性を信じれる人は新NISA全力でFANG+へ投資はアリだと考えます。ただし将来のリターンを約束するものではないので、最終判断はご自身でお願いします。


気軽に米国株投資ができるウィブル証券(Webull)

ウィブル証券は世界で3,500万人が利用している米国を中心に人気の証券会社。


なんと米国株取り扱いは業界最多水準の約7,000銘柄。


手数料も業界トップクラスの安さ



ウィブル証券は2023年4月に日本版のアプリをリリースした新しいサービスです。

>>>>>>ウィブル証券ホームページ


ウィブル証券の特徴は以下の4つ。

  • ①アプリの情報分析が充実

  • ②時間外取引対応

  • ③単元未満株対応

  • ④リアルタイムで板情報が見れる。


①アプリの情報分析が充実


ウィブル証券の取引ツールはリアルタイムマーケットデータ、ニュースやアナリストによる分析ができます。

様々な投資に役立つ情報ツールが視覚的に使いやすく、銘柄分析が捗りますね。


②24時間注文可能。時間外取引対応



プレ、アフターマーケットの急な株価変動にも対応できるのはアプリならではのサービス。

>>>>>>ウィブル証券ホームページ

③単元未満株対応


米国株の1株未満取引が可能。(小数点第5位まで、最低取引額5米ドル)



最低700円程度から株が購入可能

これなら初心者でも気軽に始められます。

④リアルタイムで板情報が見れる。


他のネット証券にはないリアルタイムで株価の板情報が見れます。

タイミングを見て投資する人にとって嬉しい機能ですね。

約5分で申込完了

ウィブル証券
かみがも
2019年に投資を始める。ただの会社員が貯金額200万円から現在は金融資産1000万円を突破/投資スタイルは連続増配株投資で債券、金、暗号通貨も投資中/ 取得資格FP3級

ブログ村ランキング

フォローもお願いします

かみがも米国株&仮想通貨投資BLOG - にほんブログ村

人気ブログランキングも参加中です↓

新NISA全力でFANG+インデックス投資

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次