エヌビディア【NVIDA】今後10年の株価予想と将来性の見通し【強みとは?】

エヌビディア

エヌビディア(NVIDA)について投資を検討しています。
どんな会社なのか?将来性があるのか?教えてほしいです。

かみがも

エヌビディア(NVIDA)は将来性のある半導体メーカーとして注目されています。強みもしっかり紹介しますね。


この記事でわかること
  1. エヌビディアとは?(会社概要)
  2. エヌビディアの強み
  3. エヌビディア財務、PER(割安度)
  4. エヌビディア競合比較(AMD)


エヌビディア(NVDA)は専門的な半導体に特化しており、今後のAI市場を担う将来性の高い企業です。

かみがも

メタバースや自動運転技術にエヌビディアのチップがたくさん搭載されています!


本記事ではエヌビディアの強みと財務状況を解説しますので、今後の投資に役立ててもらえれば嬉しいです。

目次

エヌビディア(NVIDA)とは?(会社概要)

出典:gettyimages.com

アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタクララにある半導体メーカー。1993年創業。従業員数22,473人

(GPU)などのビジュアルコンピューティング技術を提供。PC向けグラフィックプロセッサ「GeForce」とメモリ製品を販売する半導体ファブレス企業。

半導体 エヌビディアの相関図

エヌビディアの半導体の位置づけを見ていきましょう。
画像は拡大できます↓↓

出典:経済産業省


エヌビディアは半導体製造において「ロジック」の設計の分類に入ります。


ロジックとは、デジタル信号をメモリから読み取り、何らかの処理を実行した上でメモリに書き込む専門性の高いICです。


専門性に特化した半導体のため、他社がマネしずらく、独占的に販売しやすい分野とも言えます。
 

かみがも

エヌビディアは半導体を設計して、製造はTSMC(台湾セミコンダクター)に委託しています。いわゆる「ファブレス」という企業位置付けになりますね🤔

エヌビディア売上(ファブレス)ランキング

画像は拡大できます↓↓

出典:Trend Force

2021年時点でエヌビディアのファブレス売上ランキングは2位。


売上は日本円で約3兆3,500億円になります。(ドル円135換算)

ファブレスとは?
製品製造のための自社工場を持たない製造業の業態、またはそのメーカーのことです。


ファブレスの業態を取るメリットとしては、設備投資や設備維持の負担・リスクを回避できること、設計・開発・販売などに注力できることなどが挙げられます。

エヌビディア(NVIDA)の強み


エヌビディアの強みは「GPU」の技術を応用した革新的なイノベーションを創造できることです。

GPU」とは3Dグラフィックスなどの画像描写を行う際に必要になる計算処理や、演算を行う半導体チップのことです。

エヌビディア何がすごい?

ゲーミングPC用のグラボのイメージが強いエヌビディアですが、強みはPC用だけではありません。

エヌビディアはこのGPUのチップを生かして以下の事業を柱に開発を進めています。

GPUの応用分野
  • メタバース
  • データセンター
  • 自動運転


特に、データセンターはPC用グラフィックボードに次ぐ売上の柱になっています。

出典:マネックス証券


2022年に発売されるデータセンター用GPU「H100」は現行で最速のサーバーと比較しパフォーマンスは最大 10 倍に

出典:NVIDIA H100
かみがも

将来GPUサーバの開発が進めば、気候変動の観測がより正確になることを期待されています。

エヌビディア(NVIDA)株価チャート推移

かみがも

2022年の年初来から-50%以上下落中😅かなりの割安圏にきましたね。


エヌビディア(NVIDA)財務指標

エヌビディアの財務を見ながら、企業の健全性を確認していきましょう。

かみがも

以下の画像はタップすれば拡大して見ることができます!

エヌビディア(NVIDA)売上、利益

出典 マネックス証券
かみがも

ここ2年間はコロナ中のPCゲームなど巣ごもり需要で一気に業績を伸ばしましたね。

エヌビディア(NVIDA)バランスシート

出典 マネックス証券
かみがも

自己資本比率は60%の超え!業種によって割合は異なりますが40%以上あれば優良企業と言われています

エヌビディア(NVIDA)キャッシュフロー

出典 マネックス証券

配当や自社株買いの源となるキャッシュフローですが、順調に金額が増えていますね!

かみがも

投資家なら特にキャッシュフローは注目して見てみましょう!

エヌビディア(NVIDA)配当実績

出典 マネックス証券

エヌビディア(NVIDA)配当利回り

出典 マネックス証券
かみがも

NVDAは配当還元はまだ積極的ではありません。配当性向は4.3%増配余地は十分に残されています。


エヌビディア(NVIDA)競合比較VSAMD

エヌビディアと競合になるのが、同じアメリカ企業のAMDです。


会社の健全性と割安度の観点からAMDと比較してみましょう。

エヌビディアAMD
時価総額379,100百万USD125,622百万USD
株価151.6USD77.52USD
PER40.07倍28.9 倍
PBR14.4 倍2.3 倍
営業利益率37.3 %22.2 %
売上高
成長率
(3年)
31.9 %36.4 %
営業利益
成長率
(3年)

38.2 %


100.7 %

2022.7.14時点

時価総額では、エヌビディアが大きいですね。エヌビディアのPERは40.07倍AMDは28.9倍と比べて割高です。


売上、利益の直近3年間の成長率はAMDが圧倒していますね。


次世代サーバー用プロセッサー米Xilinx(ザイリンクス)の買収に成功したため、大きな売上高成長率になりました。

かみがも

AMDもコロナ相場で大きく飛躍しました。今後のAMDの動向はエヌビディアと比較する上でも注目ですね!

【まとめ】エヌビディア 株価 急落 理由

2022年5月第一四半期の決算で利益見通しを前期比-66%と大きく引き下げたため、時間外で-10%の急落となりました。


見通しを引き下げたのは中国で続くサプライチェーンの混乱と上海ロックダウンの影響によるものです。

ウクライナ問題も発生し、堅調な半導体需要を活かしづらい環境が重なりました。

かみがも

上海ロックダウンの影響は大きいですね😅中国リスクは今後も注意しないとけません…

エヌビディア アームの買収を断念

エヌビディア アームの買収が成立すれば、CPU市場も取り込めると投資家から期待を寄せられていましたが

欧州や米国による独占禁止法の規制の影響で、買収には至りませんでした。

ただNVIDIAはアームから20年間のライセンス利用権を取得しているため、CPUに強いアームの技術を独占的に利用できることは今後の成長にプラスに変わりません。

出典:NVDA カンファレンス

エヌビディアのAI技術開発が進めば、さらに業績の後押しになる可能性を秘めています。AI技術は医療やロボット、自動運転など、さまざまな用途に応用できるため将来性は期待できるでしょう。

かみがも

あくまでも個人見解ですので、投資判断は自己責任でお願いします。


かみがも
2019年に投資を始める。ただの会社員が貯金額200万円から現在は金融資産1000万円を突破/投資スタイルは連続増配株投資で債券、金、暗号通貨も投資中/ 取得資格FP3級

↓↓↓ 応援よろしくお願いします

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

フォローもお願いします

かみがも米国株&仮想通貨投資BLOG - にほんブログ村
エヌビディア

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次